トップへ » 販売商品の検査

中国国内で販売するための『商品検査』について

法令順守自主規制

GBとは


『中華人民共和国標準化法』の規定に基づく、国家規格。
中国読みで「国家標準」を「GuojiaBiaozhun」の頭文字からとられて略称されている。
GBの種類としては国家標準、業界標準、地方標準、企業標準があげられる。

■ 国家標準

強制性標準推薦性標準指導性技術文書
国家標準GBGB/TGB/Z
業界標準QB,QC,SB・・・QB/T.QC/T.SB/T・・・
地方標準DBxx/xxx-xxDBXX/T sss-ss
企業標準Q/xxx xxxx xx

GB=中華人民共和国 強制国家標準

GB/T=中華人民共和国 推奨国家標準

GB/Z=中華人民共和国 国家標準化指導性技術書

GBは現在までに約19700件が発行されており、各種業界に渡り網羅されている。

分野記号分野
(中国語を機械的処理)
分野記号分野
(中国語を機械的処理)
A総合 N計測器、計器
B農業・林業 O【none】数字「0」との混同防止
C医薬・衛生・労働保護 P建設工事
D鉱業 Q建築材料
E石油 R道路・水路運輸
F核エネルギー、核技術 S鉄道
G化学工業 T車両
H冶金 U船舶
I【none】数字「1」との混同防止 V航空、宇宙飛行
J機械 W紡績
K電気工業 X食品
L電子機器及び情報技術 Y軽工業、文化及び生活用品
M通信、放送 Z環境保護

■正式名称:電子情報製品汚染予防管理法

■2006年3月2日公布,2007年3月1日実施。

■要求
電子情報製品の設計・生産において、環境保護とリサイクルを考慮しなければならない。

■2006年3月2日公布,2007年3月1日実施。

■調整範囲は中国国内にて生産、販売されるもの及び中国に輸入し販売する電子情報製品までである。但し国内にて生産する輸出用製品は除く。

適用範囲(分類)

■適用範囲(分類)
電子レーダー製品
電子テレコミュニケーション製品
テレビ放送製品
コンピュータ製品
家庭用電子製品
電子測定器
特殊電子装置
電子コンポーネント
電子応用学設備
電子材料


お問い合わせについて

自社製品と規制

自社製品と規制
お問い合わせについて

処罰


処罰・中国輸入許可の禁止
・リコール
・罰金
・生産停止
・営業許可取り消し etc...
罰則は企業のケースバイケースである。
お問い合わせについて

求められる対策と対応の様々


求められる対策と対応の様々・自社製品にかかる規制やGBの検索
・法令法規に基ずく手続きや検査の実施
・法令法規の改定や更新の監視
・定期的な検査の実施
・自主規制強化
・ISOなどの有益な認証の取得取得
お問い合わせについて

SGSグループについて(LPAJと提携している世界&中国最大の検査 機関)


世界最大の検査、試験、審査機関

創立1878年 フランス・ルーアン
本社スイス ジュネーブ、1919年 Societe Generale de Surveillance
従業員数60000人
業務内容認証サービス(ISO、政府規格等に基づくシステムの審査 等)
検査サービス(各種規格に基づく品質、性能試験 等)
検品サービス(サプライヤー評価、貿易品の船荷前検査 等)
            評価
全世界150カ国1,000ヵ所を超える関係関連会社/事務所。
340ヵ所を上る実験施設。

SGS-CSTC(SGS中国)

SGS-CSTC
お問い合わせについて

SGS中国のネットワーク

SGS中国のネットワーク
お問い合わせについて


トップへ » 販売商品の検査


お問い合わせフォームへ