トップへ » 中国関連業界メディア情報 » 中国ネット通販市場が倍増、第2四半期1100億元超に

中国ネット通販市場が倍増、第2四半期1100億元超に

 アイリサーチが発表した中国のインターネット通販市場の2010年第2四半期の統計によると、同市場規模は前年同期比で97.5%増の1112億2000万元となった。ECサイト最大手「京東商城」のシェアは前四半期の26.6%から35.4%に拡大して、9四半期連続でトップを保持。この期のシェアは第2位から第8位の合計を超えた。
アイリサーチの分析によると、「京東商城」では電子製品の需要が増加したことに加え、物流分野への投資効果が表れ、配送スピードが向上し取引規模が拡大した。サイト開設12周年を迎えた6月は各種のセールを行い、同月18日の売上高は1億元を超えた。
中国インターネット情報センターの最新報告によると、中国のインターネット通販利用者は1億4200億人を突破した。同国人口の10分の1が利用している計算だ。京東商城は2010年以降、テレビ広告などを通じて新たな顧客を取り込んだ。
業界筋によると、配送やアフターサービスは電子商取引業者のネックとなってきたが、京東商城はこの分野も積極的に整備し、成長の基礎を固めた。(2010年07月22日【中証網】 )


トップへ » 中国関連業界メディア情報 » 中国ネット通販市場が倍増、第2四半期1100億元超に


お問い合わせフォームへ