トップへ » 中国関連業界メディア情報 » 電子商取引急増の実態

電子商取引急増の実態

中国電子商取引研究センターの最新予測報告によると、今年上半期の国内電子商取引市場取引額は2兆2500億元に達し、通年では4兆3000億元を上回る見通し。 同報告は、B2B(企業間取引)、B2C(企業・消費者取引)、C2C(個人間取引)の3種類を対象としている。今年上半期、B2B取引額は2兆500億元、B2C・C2C取引額は計2000億元にそれぞれ達した。今年通年では、B2B取引額が3兆8500億元、B2C・C2Cが計4300億元を上回る見通し。

account.png

同センターの「2010年(上半期)中国電子商取引市場データ監測報告」によると、今年6月末の時点で、中国の大型電子商取引サイト数は2万700件に達した。内訳は、B2B取引企業が8200件、B2C・C2C取引企業が1万2500件。今年年末時点のサイト数は、前年同期より6000件多い2万3000件に達すると見られる。
なかでも、B2C・C2Cサイトは成長の主流となり、特にC2Cサイトは前年同期比4500件増の見通し。国内電子商取引企業が集中する地域は、長江デルタ地域(35.27%)、珠江デルタ地域(33.68%)、北京(9.32%)。特に、業界サイトの6割は長江デルタ地域に集中しており、長江デルタの業界サイトの6割は浙江に集中、浙江の業界サイトの6割は杭州に集中している。
国内電子商取引企業取引額の業界別上位10社は順次、紡績アパレル、デジタル家電、鉄鋼機械、建材、農林畜産業、金属・工具、化学工業・医薬、包装印刷、食品・飲料、ギフト・アクセサリ。今年6月末時点の時点で、電子商取引企業で直接雇用されている従業員総数は130万人を超え、1000万人の間接的な就業機会を創出している。
国際金融危機のダメージを受け、コストダウンと高効率化が急務となっている企業にとって、電子商取引はそれを実現させる最上の方法といえる。多くの伝統的企業は続々と電子商取引サイトを開通、オンライン市場開拓に取り組んでいる。その結果、電子商取引サイト数は今年うなぎのぼりに増加した。特に、ますます多くの中小企業が、電子商取引サイトによる危機脱出・販売増を図っている。今年上半期、国内で第三者電子商取引プラットフォームを利用した中小企業は1300万社以上。(2010年08月09日)


トップへ » 中国関連業界メディア情報 » 電子商取引急増の実態


お問い合わせフォームへ