トップへ » 中国電子紹介インタビュー

中国電子商会からLPAJ松室代表へのインタビュー!

【質問1】松室先生作为日本著名经济杂志的总编,又担当了中日友好的使者,请松室先生结合自身经历谈谈为什么会看好中日两国的经济合作发展。

(翻訳)松室先生は嘗て日本有名経済雑誌の編集長でしたが、今は中日友好の使者として中日両国の経済提携の見通しについてどうお考えですか?


interview01中国と日本とは実に千数百年にも及ぶ関係がある、つながりの深い国です。
現在は中国が世界の中心的パワーを発揮して経済成長を進めつつあり、日本は成長が一段落し、成熟化への道を歩んでいます。

今回日本の企業が中国という肥沃な市場にあらゆる分野の商品を供給できるチャンスを頂いたことは、中日両国にとって大きなメリットがあると考えます。

即ち成熟化した品質・安全性の高い日本の商品は、パワフルで吸収力の高い中国市場とそこで生活する消費者のみなさんに安心と至便性をもたらすことが出来ると信じるからであります。

中国の消費者の皆さんは長い歴史と文化が育んだ「商品を利口に、正しく評価する目」を持っています。

日本の商品が中国の市場で歓迎されるなら、それこそが両国の架け橋となり、またお互いがさらなる成長を成し遂げるためのステップになると考えています。


【質問2】请您介绍一下优良品协会成立的背景和近况,目前正在举办哪些活动?

(翻訳)日本優良品協会設立の背景と現状を紹介してください。今はどんな活動をしていますか?


interview02日本優良品協会は2010年10月28日に設立されました。そのきっかけになったのは今年青島で開かれた中日韓青島通販サミットです。
中国電子商会の要請もあり、私ども日本側の事務局は日本の優良な商品を製造するメーカー7社に声をかけ、参加してもらうに至りました。

そこで日本企業の商品プレゼンテーションと商談会とが行なわれ、その結果2社がその後、契約締結へと至っております。

こうした実績と日本企業の反響を踏まえ、中国の皆さんにもっともっと日本製品を知っていただき、広めたいという理念の元に、日本優良品協会を設立したわけであります。


ただ単なる思いつきではなく、実績に根ざした団体の設立に価値があると私どもは考えています。


現在、協会は12月に北京で開かれる「2010中国通販業界年次総会と表彰式」への参加企業を募る活動を続けています。

また同時に友好的な団体となる日本通販協会や所管官庁となる経済産業省の担当部門とも協議を重ね、この協会を発展させていく道筋を模索している状況です。


【質問3】在2010年有哪些日本企业在通讯营销渠道合作的成功经验、或者已经与中国通讯营销渠道合作的成功经验值得分享,请您做些具体介绍。

(翻訳)2010年における日本企業の中国通販での成功経験を紹介してください。


interview032010年7月に開かれた青島通販サミットのあと、2社が2、3のテレビ通販会社やインターネット通販会社と協議を重ねてきました。


その結果、日本のトップの浄水器メーカーである三菱レーヨンクリンスイは9月に黒竜江省放心購物、家有購物の2社と基本合意を結び、そして黒龍江省広播電台との検討を開始しました。

いずれもこのあとの作業が順調に進めば、来年1月頃にはテレビ放映されると考えられます。


また、濱野皮革工藝は日本では皇室御用達企業として知られ、来日した海外の賓客への皇室からのお土産として利用されるハンドバッグメーカーですが、同社も湖南Happigo有限会社と淘宝網との合弁企業であるHAITAO社との契約を締結する合意に至りました。


実際の調印は年次総会当日に行なわれる予定です。


【質問4】请您介绍一下目前日本企业最关注中国通讯营销企业的三个方面。

(翻訳)日本企業が中国通販業界を注目している点3つを教えてください。


1点目は市場の大きさです。
日本の人口は1億3000万人ですが、中国の人口は13億3000万人と約10倍の市場である点です。


2点目は市場の成長力です。
近年非常な高成長を続ける中国は市場自体も変化し、一般の普及品から付加価値の高い高級な商品まで幅広く求められるようになりました。

高所得者層だけでも日本の人口に匹敵するほどで、単なる「市場」ではなく「魅力的な中身の濃い市場」へと変化しています。これはひとえに中国の成長力がもたらしたものといえるでしょう。


3点目は前述したように消費者の持つバイイングパワーと商品を正しく評価する目です。
これは中国の悠久の歴史が育んだ文化によるものだととらえています。
その評価眼とバイイングパワーとを併せ持つ現代の中国の消費者の皆さんは世界でも稀な「優秀な消費者」であると考えています。


【質問5】另外,您认为在2010年中国通讯营销渠道整体市场发展态势怎样?未来,优良品协会将与中国展开哪些方面的合作?

(翻訳)中国の通販業界の発展をどう感じますか?これから優良品協会は中国での展開及びどんな提携を考えていますか?


interview04これからの5年で中国通販市場は現在の数倍にも膨れ上がる巨大市場と変化するでしょう。
しかもこの発展はその後も続くでしょう。

私ども日本優良品協会は、こうした将来性に注目し中国に日本の商品を届けるためのパイプ役になっていきたいと願っています。


例えば将来には、7月と12月以外に通販交流団を組んで、日本商品のプレゼンテーションイベントを電子商会と共同で開催できたらいいと考えています。

また、中国の実情を日本企業に知ってもらうために、電子商会や専門企業の方を招聘して日本におけるセミナーを開催できたらと考えています。


また最終的には優れた中国製品を日本の市場に届けるための架け橋になれたらと考えています。


中国電子商会通販工作委員会
2010年11月


トップへ » 中国電子紹介インタビュー


お問い合わせフォームへ