2010年 « トップへ » 2012年

2011年11月 4日

中国通販と提携 日本商品を紹介|通販新聞(2011年11月10日号)掲載


中国通販と提携
~日本商品を紹介~

2011年11月10日

一般社団法人日本優良品協会(LPAJ=事務局・東京都新宿区、中谷泰志事務局長)は10月20日、中国の通販企業と提携し、日本企業商品の中国での販売活動を支援するサービスを開始すると発表した。


中国通販と提携 日本商品を紹介|通販新聞(2011年11月10日号)掲載

提携したのは中国でベビー用品や化粧品、食品などのネット販売を手がけている・・・(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田、中谷
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)


【一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)概要】
「一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)」は、中国国家機関であり中国通販業界(TV通販及びEコマース企業)を発展させ且つ管理監督する「中国情報産業部 電子商会」と提携している日本で唯一の中国市場通販流通機関です。


【LPAJの主なサービス概要】
1.中日韓通販サミット、中国通販業界年次総会の日本側事務局(親交、商品プレゼン、個別商談)
2.各通販企業との個別商談支援(パートナー選定、アポイント設定、商談同席、資料翻訳・通訳等)
3.中国通販発展白書の翻訳・販売(中国通販市場を知る)
4.各種セミナー開催(中国の通販事業者に直接聞き、提携を支援)
5.中国通販業界の定期的な情報提供(会員制、2012年開始予定)
6.CPCJプラットフォームによる流通支援(会員制、2012年開始予定)


■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年11月 1日

中国のテレビ通販・Eコマース市場に・・・|サーチナ(2011年11月1日号)掲載


中国のテレビ通販・Eコマース市場に簡便な進出をサポートする
~日本優良品協会~

2011年11月1日、一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)事務局長中谷のインタビュー記事がネット系ニュースサイト5誌に掲載されました。


2011年11月1日

中国のEコマース市場へのアクセスを簡便に行う仕組みを提供しようと、日本優良品協会(LPAJ)が、日本企業に幅広く連携を呼びかけている。同協会は、中国信息(情報)産業部傘下の中国電子商会と提携し、中国国内における「TV通販」「モバイル通販」「ネット通販」などのチャネルに広くアクセスすることができる。


中国のテレビ通販・Eコマース市場に簡便な・・・|サーチナ(2011年11月1日号)掲載

中国が国家レベルで注力している「中日韓通販サミット」および「中国通販業界年次総会」でのイベント参加、個別商談会などを通じて、中国の小売市場への直接の窓口を開く。同協会の理事(事務局長)の中谷泰志氏(デジタルワン代表取締役)に、協会の設立経緯と今後の活動について聞いた。(以降、略)



<サーチナ>
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1101&f=business_1101_082.shtml
<Yahoo!ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000024-scn-bus_all
<MSN>
http://topics.jp.msn.com/wadai/searchina/article.aspx?articleid=747110
<@niftyニュース>
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/sech-20111101-20111101_00017/1.htm
<livedoorニュース>
http://news.livedoor.com/article/detail/5984718/


< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田、中谷
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)


【一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)概要】
「一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)」は、中国国家機関であり中国通販業界(TV通販及びEコマース企業)を発展させ且つ管理監督する「中国情報産業部 電子商会」と提携している日本で唯一の中国市場通販流通機関です。


【LPAJの主なサービス概要】
1.中日韓通販サミット、中国通販業界年次総会の日本側事務局(親交、商品プレゼン、個別商談)
2.各通販企業との個別商談支援(パートナー選定、アポイント設定、商談同席、資料翻訳・通訳等)
3.中国通販発展白書の翻訳・販売(中国通販市場を知る)
4.各種セミナー開催(中国の通販事業者に直接聞き、提携を支援)
5.中国通販業界の定期的な情報提供(会員制、2012年開始予定)
6.CPCJプラットフォームによる流通支援(会員制、2012年開始予定)


■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年10月22日

ネット系14紙に掲載!|中国オンラインショップ大手と提携


中国オンラインショップ大手と提携=日本優良品協会
~ネット系14紙に中国通販白書のニュースが掲載されました~

2011年10月22日

中国オンラインショップ大手と提携=日本優良品協会|時事通信社(2011年10月22日)掲載

日本製品の中国市場での拡販を支援する一般社団法人日本優良品協会(LPAJ、東京都新宿区)は、中国のオンラインショップ大手の「紅孩子」、「走秀網」と提携したと発表した。「紅孩子」は、中国最大の一般向けベビー用品・家庭用品オンライン販売会社。「走秀網」は、中国最大の一般向け高級ファッション用品オンライン販売会社。今回の提携により、2社のオンライン・ショップ上に、LPAJを通じて提供する日本の優良商品専門コーナー「日本優良商品館」が開設され、日本企業の優良商品を中国市場へ販売するための活動支援が行われる。(以下、略)


<掲載された14紙>

時事通信社
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%c2%a3%d7&k=201110/2011102100150
Yahoo!ファイナンス
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20111021-00000098-jijf-stocks.vip
mixiニュース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1784187&media_id=4
ビジネスワイヤグローバルサイト
http://www.businesswire.com/news/home/20111020005712/ja
ビジネスワイヤ日本サイト
http://www.businesswire.jp/news/jp/20111020005712/ja
@Niftyビジネス
http://business.nifty.com/cs/catalog/business_release/catalog_bw20111020005712_1.htm
IT Leaders
http://www.businesswire.com/news/itleaders/20111020005712/ja
財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/releases/23203/
JChere
http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-959884.htm
Ferret News
http://news.ferret-plus.com/news/article/5/20111020005712
ダイヤモンドメディア
http://www.diamondmedia.co.jp/PressNews/item_it/29200
キギョウPR
http://www.kigyou-pr.com/press/press_13555/
REGRESE
http://www.regrese.jp/release/details/87/1719/
サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1021&f=business_1021_073.shtml



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年10月21日

中国の通販市場進出支援|日経MJ(流通新聞)(2011年10月21日号)掲載


中国の通販市場進出支援
~現地有力2社と提携~

2011年10月21日

通信販売関連企業でつくる一般社団法人日本優良品協会(LPAJ、東京・新宿)は中国の通販市場に進出を目指す日本企業を支援する。インターネット通販の現地有力企業2社と提携し、それぞれの通販サイトで日本製品を販売

中国の通販市場進出支援|日経MJ(2011年10月21日号)掲載

業界団体のLPAJ

市場参入に関するセミナーや商談会も開く。拡大が続く中国の通販市場への進出を促す管球オウを整備し、日中間の取引拡大を後押しする。(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田、中谷
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)


【一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)概要】
「一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)」は、中国国家機関であり中国通販業界(TV通販及びEコマース企業)を発展させ且つ管理監督する「中国情報産業部 電子商会」と提携している日本で唯一の中国市場通販流通機関です。


【LPAJの主なサービス概要】
1.中日韓通販サミット、中国通販業界年次総会の日本側事務局(親交、商品プレゼン、個別商談)
2.各通販企業との個別商談支援(パートナー選定、アポイント設定、商談同席、資料翻訳・通訳等)
3.中国通販発展白書の翻訳・販売(中国通販市場を知る)
4.各種セミナー開催(中国の通販事業者に直接聞き、提携を支援)
5.中国通販業界の定期的な情報提供(会員制、2012年開始予定)
6.CPCJプラットフォームによる流通支援(会員制、2012年開始予定)


■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

日本優良品協会、中国大手オンラインショップ「紅孩子」、「走秀網」と提携


日本優良品協会、中国大手オンラインショップ「紅孩子」、「走秀網」と提携

■各サイトに日本商品専門コーナー『日本優良商品館』を開設し、2012年1月から中国全土へ向けて販売開始。
■「紅孩子」は、中国最大の母子・化粧品・食品・生活用品種類のB2Cオンライン販売会社。
■「走秀網」は、全世界の2,000以上のブランド品、30,000以上のアイテム商品を販売している中国最大のハイエンドファッションB2Cオンライン販売会社。

2011年10月21日


一般社団法人日本優良品協会(LPAJ:代表理事 松室哲生)は、中国最大の母子・化粧品・食品・生活用品種類のB2Cオンライン販売会社「紅孩子」と、そして、全世界の2,000以上のブランド品、30,000以上のアイテム商品を販売している中国最大のハイエンドファッションB2Cオンライン販売会社「走秀網」の2社と提携した。


提携内容は、2社のオンラインショップ上に(Eコマースホームページ上に)、同協会を通じて提供する日本の優良商品専門コーナー「日本優良商品館」を開設し、日本企業の優良商品を中国市場へ販売する活動を支援するものである。


「日本優良商品館」の開設は2012年1月とし、同年末までに計1,000社1万点の商品数掲載を目指す。


尚、2011年11月25日(土)(開催場所:東京赤坂)、「紅孩子」と「走秀網」のトップ及び仕入責任者(MD責任者)並びに中国電子商会彭李輝秘書長(事務総長)を日本に招き、両ショッピングサイトでの販売を希望する日本企業向けに「中国市場へ販売チャレンジ!セミナー(仮称)」を開催する。(※詳しくは、日本優良品協会のホームページhttp://www.lpaj.or.jp/まで)


radbabybinggo

<紅孩子(会社概要)>※円での表記は1元=12円で換算
「紅孩子(天津紅孩子商貿有限公司)」は、中国最大の母子・化粧品・食品・生活用品種類のBtoCオンライン販売会社。


2004年前に設立。B2CサイトとDMカタログ、コールセンター、中国版ツイッター、特別販売連盟などの販売ルートを持ち、主に、女性客に便利な買い物環境を提供しており、流行の最先端をいく会員や、生活の品質を重んじる会員の消費者にサービスを提供。消費者のニーズに合わせて、データベースに基づいた販売方法も重視している。


本社は北京、他8の省市に子会社があり、2011年、0才児~3歳児の母を中心とする「紅孩子(ベビー用品)」と4歳児以上の母を対象とする「繽購網(百貨用品)」に分けた。毎月の取引会員数は400万人。


会社名 :天津紅孩子商貿有限公司
ECサイト名 :紅孩子母嬰網(www.redbaby.com.cn)、繽購網(www.binggo.com)
設立年月日:2004年
資本金額:3,500万元(約4億2,000万円)
社長名:徐 沛欣
現在の従業員数(2011年7月1日現在):約2,000名
最近3年間の売上:2010年15億元(180億円)←2009年13億万元(156億円)←2008年9.7億元(116億円)
2011年前1~6月の平均ページビュー:9,226万/月
2011年前1~6月の月間平均訪問者数:643万/月
現在の掲載商品数:約50,000点
平均客単価:500元(約6千円)
メルマガ会員数:購入会員、VIP会員を合わせて210万人
男女比:男 10.6%、女89.4 %
購入者年齢:18-24才→5.3%,25-34才→70.5%,35-44才→19.8%
購入者層:サラリーマン、OL、管理者、医師、弁護士、主婦で全体の74.4%


radbaby

<走秀網(会社概要)>

「走秀網(深圳走秀網絡科技有限公司)」とは中国最大級のネットショッピングの企業であり、中国最大のハイエンドファッションB2Cオンライン販売会社。


全世界の2,000以上のブランド品、30,000以上アイテム商品を販売している。本社は深圳にあり、北京、上海、香港に支社があり、世界20の国と地域に専門バイヤーが配置されている。会員登録数は200万人を超え、売上金額は急速に増えている。


会社名:深圳走秀網絡科技有限公司
ECサイト名:走秀網(www.xiu.com)
設立年月日:2008年
資本金額:1億元(12億円)
社長名:紀 文泓
現在の従業員数(2011年7月1日現在):600名
最近3年間の売上:2010年2.2億元(26億円)
2011年1~6月の平均ページビュー:7,200万/月
2011年1~6月の月間平均訪問者数:900万/月
現在の掲載商品数:約49,000点
現在の掲載商品分野:韓国風、男性服、女性服、下着、化粧品、アクセサリー、腕時計、家庭用品、ブランド品、バック、スポーツ用品、靴
平均客単価:700元(約8.4千円)




< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田、中谷
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)


【一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)概要】
「一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)」は、中国国家機関であり中国通販業界(TV通販及びEコマース企業)を発展させ且つ管理監督する「中国情報産業部 電子商会」と提携している日本で唯一の中国市場通販流通機関です。


【LPAJの主なサービス概要】
1.中日韓通販サミット、中国通販業界年次総会の日本側事務局(親交、商品プレゼン、個別商談)
2.各通販企業との個別商談支援(パートナー選定、アポイント設定、商談同席、資料翻訳・通訳等)
3.中国通販発展白書の翻訳・販売(中国通販市場を知る)
4.各種セミナー開催(中国の通販事業者に直接聞き、提携を支援)
5.中国通販業界の定期的な情報提供(会員制、2012年開始予定)
6.CPCJプラットフォームによる流通支援(会員制、2012年開始予定)


■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

【中国ビジネス担当者必聴!】中国市場へ自社商品の販売機会を得られる1日

LPAJ Small Logo
中国ビジネス担当者、必聴!大チャンス!

中国市場へ自社商品の販売機会を得られる1日(セミナー)です。
中国大手Eコマース企業とTV通販企業は優良な日本商品を探しています。


これまでも中国市場が日本の優良な商品を求めていることは周知のことですが、実際に中国での販路を開拓するには相当な労力とコストが必要です。そこで皆様に、またとない販売チャネル開拓の機会をご提供いたします。中国大手EコマースサイトやTV通販での販売機会をご提供します。


本セミナーは、中国政府情報産業部「中国電子商会通販工作委員会」との提携で実現した中国政府推奨の安心安全な販路紹介セミナーです。貴社の優良な商品を広大な13億人市場へ送り出すことを考えてみませんか?


満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


【開催主旨】

中国政府(中国電子商会)によると、2009年の中国通販市場は約234億元(約3,000億円)で2020年には5,000億元(約6兆円)に達すると予想されています。


しかしながら、その市場成長を支える優良商品が国内商品だけでは不足しており、そのために、海外商品の国内流通を強力促進したいと中国側は考えております。そのために、中国電子商会(政府機関)と日本優良品協会は、両国間提携により、大手Eコマースサイトを中心に「日本商品専門コーナー」を設置することが決まりました。様々な日本の優良品を中国市場にチャレンジのできる仕組みと機会を構築いたしました。


◇プレスリリース
http://www.lpaj.or.jp/17press/20111021news.html
◇日経MJ記事
http://www.lpaj.or.jp/17press/mj20111021.html

・過去にチャレンジしたが失敗した企業様
・中国市場にチャレンジしたいが、販売ルートの選定に困っている企業様
・まずは、日本にいながらチャレンジしたい企業様


など、正規ルート(チャネル)で、且つ、リーズナブルにチャレンジしたいとお考えの日本企業様には、必聴なセミナーです。当日は、自社商品に対する中国バイヤーの感想を確認したり、質問にもできる限り答えられる双方向性の高いセミナーにする予定です。


満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


ご参加対象「紅孩子」・「走秀網」・「家有購物チャンネル」で、商品を販売したい日本企業様
開催日時11月25日(金)10:00~18:15
9:30受付開始
開催場所TKP赤坂ツインタワーカンファレンスセンター【地図】
東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館 8,9,10F
銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分
千代田線「赤坂駅」より徒歩7分
千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」より徒歩7分
参加人数枠120名
参加費用5,250円/人(税込)
※定員になり次第、受付終了いたします。ぜひお早めにお申し込みください!

満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


【講演者及び講演内容(プログラム)】

※中国人講師の講演は、日本語通訳が入ります。

■「日本優良品協会」の活動紹介
代表:松室、事務局長:中谷


■「中国電子商会」彭秘書長(中国電子商会事務局長)
中国通販業界を管理監督する政府機関の事務部門のトップ。伸び続ける中国通販業界を解説、日本企業への期待を語ります。


■「紅孩子 注1」劉ブランド推広総経理、仕入れ責任者
中国最大の母子・化粧品・食品・生活用品種類のB2Cサイトベビー用品・家庭用品BtoCオンライン販売会社。2004年設立。母子商品中心の「紅孩子」と生活・家庭用品中心の「繽購」の両Webサイトに「日本優良品専門コーナー」を設け日本商品の販売を推進。2012年1月リリース予定、取り扱いできる優良な日本商品を求めています。


■「走秀網 注2」紀社長、仕入れ責任者
全世界の2,000以上のブランド品、30,000以上アイテム商品を販売している中国最大のハイエンドファッションB2Cオンライン販売会社。アパレル商材を中心に同サイトに「日本優良品専門コーナー」を設け日本商品の販売を推進。2012年1月リリース予定、取り扱いできる優良な日本商品を求めています。


■「家有購物チャンネル 注3」張副社長、MD責任者
中国TV通販業界で売上第3位(急成長中)。2008年11月に設立。本社を北京市におき、全国ネットの中でも成長著しいTV通販会社。11社ある全国放送免許取得企業。本社:北京市。30代・40代の主婦向けに取り扱いできる優良な日本商品を求めています。


■販売を実現するための商品検査、税金、貿易に関して
SGS社 中国中国地区業務経理日本業務部マネージャー 古川氏&日本優良品協会 理事:進藤
中国へ正規ルートで商品を販売するためには、クリアしなくてはならない「壁」があります。その壁をスタディーしていただきます。
・中国国内で販売認可されるための商品検査に関して
・最大の敵「関税」に関して(LPAJから)
・貿易業務に関して(LPAJから)


■名刺交換や各企業との面談時間をご用意します。


※プログラムのタイトル、内容等は変更になる場合があります。予めご了承ください。


満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


注1
radbabybinggo
・会社名  :天津紅孩子商貿有限公司
・ECサイト名:紅孩子母嬰網(www.redbaby.com.cn)
       繽購網(www.binggo.com)
・資本金額:3,500万元(約4億2,000万円)
・現在の従業員数(2011年10月1日現在):約2,000名
・2011年前1~6月の平均ページビュー:9,226万/月
・2011年前1~6月の月間平均訪問者数: 643万/月
・現在のメルマガ会員、購入会員、VIP会員を合わせて210万人


注2
radbaby
・会社名:深圳走秀網絡科技有限公司
・ECサイト名:走秀網(www.xiu.com)
・設立年月日:2008年
・資本金額:1億元(12億円)
・現在の従業員数(2011年10月1日現在):1,000名
・2011年前1~6月の平均ページビュー:7,200万/月
・2011年前1~6月の月間平均訪問者数:900万/月
・現在のメルマガ会員:約200万人


注3
jiayougo
・会社名:貴州家有購物集団有限公司
・URL:http://www.jiayougo.com/
・設立年月:2008年11月
・放送地域17省(11大都市117地方都市)、視聴者数1.2億人。
・資本金額:1億元(12億円)
・現在の従業員数(2011年10月1日現在):1,500名
・2010年売上:11億元(132億円)
・毎月の注文件数:約30万件



【お申し込みについて】

満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


必要事項を記入の上、お申し込みください。
入力いただいたメールアドレスへご連絡をさせていただきます。

*は入力必須項目です。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

受講者名 *必須
受講者名フリガナ *必須
お申し込み主体 個人  法人  *必須
e-mail *必須
TEL *必須
会社名 ※正式名称をご記入ください
会社名フリガナ ※正式名称をご記入ください
部署・役職名
会社所在地
もしくは
自宅住所
半角数字のみでご記入ください。("-"は入力しないで下さい。)
*必須
TEL:
FAX:
セミナーのことを
どこで知りましたか?
*必須
ダイヤモンド社 
日本優良品協会(LPAJ) 
通販新聞 
新社会システム研究所 
おもろい会社研究所 
デジタルワン 
グリーンツリー 
平成進化論 
他 

上記で他の場合を選ばれた場合:
希望 LPAJもしくはダイヤモンド社からの郵送物・e-mailを希望します。 
(希望する場合はチェックを入れてください)
備考欄

満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


※セミナーの録音・撮影、講義中の携帯電話やパソコンのご使用などはご遠慮ください。また会場内は禁煙ですのでご協力をお願いします。
※日時・講師・テーマ・内容・受講料などは、事情によりやむを得ず事前の告知なしに変更させていただく場合がございます。
※受講料はお申し込み後、1週間以内にお振込みください。お振込み以降のキャンセルは出来ませんので、ご了承ください。
※主催者、講師等の諸般の事情により開催中止させていただく場合があります。その場合は、お申し込み時のメールアドレスにご連絡させていただきます。
※下記にご記入いただいた情報に不明な箇所があった場合、確認のためにeメール・電話等での連絡をさせていただくことがございます。ご記入いただいた個人を特定できる情報につきましては、以下の通りとさせていただきます。それ以外の外部への開示は一切致しません。
(1)お申し込みいただいたセミナーの運営、それに必要な連絡及び資料等の送付
(2)講座開発・サービス向上のための統計データとして
(3)一般社団法人日本優良品協会からの各種情報のご案内
 尚、(3)に関してましてのご希望の場合は一番下の「郵送やeメールでのご案内」の欄をチェックしてお送りください。



【会場案内】

中国市場へ自社商品の販売機会を得られる1日 会場案内

会場:TKP赤坂ツインタワーカンファレンスセンター
※アクセス
銀座線・南北線「溜池山王駅」(12番出口)より徒歩1分
千代田線「赤坂駅」より徒歩7分
千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」より徒歩7分


【お問い合わせ先】

一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)

TEL:03-3230-4147
FAX:03-3230-4148
(平日10:00~19:00)
E-mail:info@lpaj.or.jp

満員御礼につき、申し込み受付を終了しました。


2011年10月17日

中国国内で販売するための『商品検査』について

法令順守自主規制

GBとは


『中華人民共和国標準化法』の規定に基づく、国家規格。
中国読みで「国家標準」を「GuojiaBiaozhun」の頭文字からとられて略称されている。
GBの種類としては国家標準、業界標準、地方標準、企業標準があげられる。

■ 国家標準

強制性標準推薦性標準指導性技術文書
国家標準GBGB/TGB/Z
業界標準QB,QC,SB・・・QB/T.QC/T.SB/T・・・
地方標準DBxx/xxx-xxDBXX/T sss-ss
企業標準Q/xxx xxxx xx

GB=中華人民共和国 強制国家標準

GB/T=中華人民共和国 推奨国家標準

GB/Z=中華人民共和国 国家標準化指導性技術書

GBは現在までに約19700件が発行されており、各種業界に渡り網羅されている。

分野記号分野
(中国語を機械的処理)
分野記号分野
(中国語を機械的処理)
A総合 N計測器、計器
B農業・林業 O【none】数字「0」との混同防止
C医薬・衛生・労働保護 P建設工事
D鉱業 Q建築材料
E石油 R道路・水路運輸
F核エネルギー、核技術 S鉄道
G化学工業 T車両
H冶金 U船舶
I【none】数字「1」との混同防止 V航空、宇宙飛行
J機械 W紡績
K電気工業 X食品
L電子機器及び情報技術 Y軽工業、文化及び生活用品
M通信、放送 Z環境保護

■正式名称:電子情報製品汚染予防管理法

■2006年3月2日公布,2007年3月1日実施。

■要求
電子情報製品の設計・生産において、環境保護とリサイクルを考慮しなければならない。

■2006年3月2日公布,2007年3月1日実施。

■調整範囲は中国国内にて生産、販売されるもの及び中国に輸入し販売する電子情報製品までである。但し国内にて生産する輸出用製品は除く。

適用範囲(分類)

■適用範囲(分類)
電子レーダー製品
電子テレコミュニケーション製品
テレビ放送製品
コンピュータ製品
家庭用電子製品
電子測定器
特殊電子装置
電子コンポーネント
電子応用学設備
電子材料


お問い合わせについて

自社製品と規制

自社製品と規制
お問い合わせについて

処罰


処罰・中国輸入許可の禁止
・リコール
・罰金
・生産停止
・営業許可取り消し etc...
罰則は企業のケースバイケースである。
お問い合わせについて

求められる対策と対応の様々


求められる対策と対応の様々・自社製品にかかる規制やGBの検索
・法令法規に基ずく手続きや検査の実施
・法令法規の改定や更新の監視
・定期的な検査の実施
・自主規制強化
・ISOなどの有益な認証の取得取得
お問い合わせについて

SGSグループについて(LPAJと提携している世界&中国最大の検査 機関)


世界最大の検査、試験、審査機関

創立1878年 フランス・ルーアン
本社スイス ジュネーブ、1919年 Societe Generale de Surveillance
従業員数60000人
業務内容認証サービス(ISO、政府規格等に基づくシステムの審査 等)
検査サービス(各種規格に基づく品質、性能試験 等)
検品サービス(サプライヤー評価、貿易品の船荷前検査 等)
            評価
全世界150カ国1,000ヵ所を超える関係関連会社/事務所。
340ヵ所を上る実験施設。

SGS-CSTC(SGS中国)

SGS-CSTC
お問い合わせについて

SGS中国のネットワーク

SGS中国のネットワーク
お問い合わせについて

2011年10月10日

ネット系15紙に掲載!|中国通販白書の最新日本語版発売


中国通販白書の最新日本語版発売=日本優良品協会
~ネット系15紙に中国通販白書のニュースが掲載されました~

2011年10月4日

ネット系15紙に掲載!|中国通販白書の最新日本語版発売|Yahoo!ニュース(2011年10月4日)掲載

日本製品の中国市場での拡販を支援する一般社団法人日本優良品協会(LPAJ、東京都新宿区)は、今年4月に初版版として発行した2009年版に続き、「2010年版 中国通販業界発展白書」(日本語訳版)を発行すると発表した。中国の通販業界全体を管理監督している「中国政府中国情報産業部」傘下である中国電子商会通販工作委員会が発行する同書を、LPAJが日本語版に翻訳し、発行する。(以下、略)


<掲載された15紙>

時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%c2%a3%d7&k=201110/2011100400236
Yahoo! ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111004-00000020-jijc-biz
Yahoo! ファイナンス
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20111004-00000115-jijf-stocks.vip
mixiニュース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1764436&media_id=4
Jiji.com
http://www.jiji.com/jc/wire
@nifty ビジネス
http://business.nifty.com/cs/catalog/business_release/catalog_bw20111002005080_1.htm
財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/releases/21426/
マピオンニュース
http://www.mapion.co.jp/news/release/bw20111002005080ja/
IT Leaders (インプレスビジネスメディア)
http://www.businesswire.com/news/itleaders/20111002005080/ja
Ullet
http://www.businesswire.com/news/ulletjp/20111002005080/ja
キギョウPR
http://www.businesswire.com/news/kigyou-pr/20111002005080/ja
JChere
http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-942466.htm
REGRESE
http://www.regrese.jp/release/details/87/1612/
通販通信
http://www.tsuhannews.jp/2011/10/post_72.html
ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/639/639640/



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年10月 3日

2010-2011年版 中国通販業界発展白書(日本語版)

中国通販業界発展白書(2010〜2011)
中国通販業界発展白書(2010 〜2011)2010-2011年版 中国通販業界発展白書(日本語版)
伸び続ける中国の通販市場の実態と業界地図がこの一冊にすべて網羅
中国市場参入を検討中の日系企業には必須の白書
発行日:2011年10月3日(9月30日発行)
定   価:9,500円+税
発行元:一般社団法人日本優良品協会
ご購入:一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)ホームページ、もしくは、各書店にて
特   典:「2010-2011年版」をご購入の方には「先着300名様」に限り「2009年版(30,000円+税)」を無償でお付けいたします。

今すぐ購入(銀行振込) 今すぐ購入(カード払い)

【出版にあたって】
このたび、一般社団法人日本優良品協会は、今年4月に初版版として発行した2009年版に続き、「2010年版 中国通販業界発展白書」(日本語訳版)を発行することになりました。同白書は、中国市場への参入を検討中の通販関連企業、製品メーカーに強くお勧めしたい白書となります 。

中国国内の通販業界の成長に加え、参入を試みる日本の食品・製品メーカーの増加を鑑み、LPAJは、中国の通販業界全体を管理監督している「中国政府中国情報産業部(日本の「省」にあたる)」傘下である中国電子商会通販工作委員会が発行する同書を、日本語版に翻訳し、発行いたしました。

中国の通販業界において急成長を見せるインターネット・ショッピングをはじめ、テレビやカタログの普及率の推移、今後の期待数値などのデータを集約。さらに2010年度版は、中国通販業界における情報を網羅し、中国全土に広がる通販企業分布図や中国国内の主要なTV通販会社やEコマース会社のトップ層が語る自社の事業概要や強みなどのインタビューも掲載。日本企業が中国市場参入を果たす上での市場把握及びパートナー選定に大いに役立つ内容になっています。

今すぐ購入(銀行振込) 今すぐ購入(カード払い)

2010-2011年版中国通販業界発展白書概要
【目次】
前書き(本ページの下部で特別公開中!)
第一章 通信販売の定義および分類
    第一節 通信販売の定義
    第二節 通信販売の分類
    第三節 今回の研究方法の概述
第二章 世界通信販売市場発展への分析
    第一節 世界小売業および通信販売市場発展の現状分析
    第二節 欧米通信販売ルート発展の現状分析
    第三節 アジアにおける通信販売発展の現状
第三章 中国通信販売が発展する環境
    第一節 マクロ経済の発展環境
    第二節 通信販売業界が発展する政策背景
    第三節 2010年通信販売市場全体の状況
第四章 中国通信販売の市場発展に関する分析
    第一節 中国ネット通販の市場発展概況
    第二節 中国テレビショッピング市場の発展状況
    第三節 中国カタログ通販の発展について
第五章 中国通信販売利用者の買い物行為及び満足度分析
    第一節 通信販売利用者の主な購買ルートについての分析
    第二節 2010年通信販売の満足度
    第三節 2010年通信販売企業の知名度
    第四節 通信販売利用者の購買行為に対する分析
第六章 中国通信販売発展への展望
    第一節 世界及び中国経済発展への展望
    第二節 中国通信販売のへ将来展望

【インタビュー】
    ●共有により新しい商売に機会を得た・・・『Hitao網』孫振坤社長に聞く
    ●東方CJ購物ブランドの輝き『東方CJ購物』市場総部 ・・・兪在昇部長に聞く
    ●ホームショッピング商品の全般を取り扱うネットショッピングモール『紅孩子』
                           ・・・『紅孩子』陳爽高級副総裁に聞く
    ●消費者が信頼できる「無憂買物」となる・・・『家有購物』黄剣平副社長に聞く
    ●雲南の美・・・『雲南買楽購物』田小龍社長に聞く
    ●個性を重視する時代は、現代化消費ステージを作る・・・『走秀網』黄勁主席戦略官に聞く
    ●日本通販協会 柿尾正之理事に聞く
    ●日本優良品協会 松室哲生代表理事に聞く
【付録】
    中国主要テレビショッピング会社/インターネット通販会社 概要
    1.テレビショッピング会社
    2.省ネット、中央直轄都市ネット
    3.省級の市ネット
    4.国家ラジオテレビ総局免許申請中
    5.インターネット通販会社
【巻末付録】
    地域別テレビショッピング会社、インターネット通販会社分布
    中国全土地図と各省・都市別人口構成

今すぐ購入(銀行振込) 今すぐ購入(カード払い)


【前書き】
2010年中国経済は、世界金融危機とその余波の中でも高度成長を維持し、日本を抜いて世界第二の経済大国となった。経済が高度成長した主な要因は、投資活動の拡大にある。また投資のほか、国家が所得および消費の拡大政策を打ち出し、消費活動が徐々に上昇したことも大きい。第1から第3四半期の消費小売の売上高は前期比18.3%と急速な成長を示した。輸出入において、2010年1〜10月の輸出総額は、2万3934.1億米ドルで、去年の同時期より36.3%拡大した。

世界経済は、いまだ国際金融危機の影響から脱しておらず、中国経済の外部環境は依然として厳しく、好調な中国経済にも短期間では克服できない一連の問題が存在する。例えば、中長期の期待インフレ率(予想される物価上昇率)が比較的高く、大量の借入による固定資産投資の拡大がこのまま続くとは思われない。輸出もこれまでのような伸びは難しい。消費拡大においては、労動者の所得を如何に上げるかが課題だ。また、省エネや二酸化炭素の排出量削減等多くの問題もある。2010年のマクロ経済調整政策から見ると、中央政府は、過熱し過ぎた経済を落ち着かせるよう努めている。経済方式を変え、経済構造を調整することは喫緊の課題となっている。

2010年は「第11次5ヵ年計画」の最後の年で、中国「第12次5ヵ年計画」の計画年でもある。「第12次5ヵ年計画」では、国は通信販売(テレビ・インターネット・カタログ)が新しい販売ルートとして発展することを重視し大いに推奨している。2010年に、商務部が提示した目標は、「第12次5ヵ年計画」の期末に、ネット通販の取引額を社会消費品小売売上高全体の5%にするよう目指す、というものであった。情報産業部副部長の楊学山は、「インターネットは、経済活動での地位がますます重要になり、2010年の電子商取引額が4兆元(約48兆円)を超える見込みである」と語った。そして通信販売の市場規模は、各省庁の振興政策から予測すれば、2015年までに1兆元(約12兆円)を超える巨大市場になるであろう。通信販売業は、中国「第12次5ヵ年計画」期間の重点的な事業であり、各省・市とも「第12次5ヵ年計画」に関連する発展計画を積極的に作成している。中国全体の通信販売業は、2010年も高度成長を続け、市場規模は5,050億元(約6兆円)になると予想されている。通信販売業は、2010年の社会消費品小売の売上高の3%を超え、消費市場の成長推進に貢献した。

2010年の年末に、中国電子商会通信販売工作委員会は、通信販売業を細かく研究、調査し、業界の専門家と共同で『2010年通信販売業界発展白書』を作成した。通信販売業界全体の発展と将来の傾向を分析し、通信販売企業と関係者に市場データを提供しようとするものである。


今すぐ購入(銀行振込) 今すぐ購入(カード払い)


中国通販業界発展白書(2010 〜2011)2010-2011年版 中国通販業界発展白書(日本語版)
伸び続ける中国の通販市場の実態と業界地図がこの一冊にすべて網羅
中国市場参入を検討中の日系企業には必須の白書
発行日:2011年10月3日(9月30日発行)
定   価:9,500円+税
発行元:一般社団法人日本優良品協会
ご購入:一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)ホームページ、もしくは、各書店にて
特   典:「2010-2011年版」をご購入の方には「先着300名様」に限り「2009年版(30,000円+税)」を無償でお付けいたします。

今すぐ購入(銀行振込) 今すぐ購入(カード払い)

2011年9月28日

第4回 中日韓通販サミットin南通(2011年9月20日~2011年9月23日)

日時 : 2011年9月20日(火)~2011年9月23日(金)
場所 : 中国(南通市、杭州、上海)

→ LPAJ事務局長のブログ中谷泰志の中国通販市場への道へ」にも詳細をアップしております。

上海東方CJを視察9月20日、日本優良品協会(LPAJ)は中国の南通市で行われる中日韓通販サミットに参加するために訪中。


今回は中国進出を検討されている某大手企業陣、メディアの同行もあり、総勢20名以上となりました。


尚、この写真は上海についてTV通販最大手の上海東方CJを視察時の写真です。

中日韓通販サミットin南通中日韓通販サミットin南通の会場。非常に大きな会場で開催されます。


中国、日本だけでなく、韓国勢も参加されています。


尚、日本通信販売協会(JADMA)からも3名、宮島和美 会長(株式会社ファンケル代表取締役 会長執行役員)、大岡秀海 専務理事、万場徹 常務理事)も参加。

中日韓通販サミットin南通2サミットが開催されている時の様子。あの大きな会場が満員です。

紅孩子と調印そして日本優良品協会(LPAJ)がなんと中国のEコマース大手の紅孩子と調印!日本の商品を積極的にLPAJから仕入れて売っていくこととなりました。

走秀網との調印続いて、同じく中国ネット通販大手、走秀網との調印!ちなみに左側の女性は走秀網の副社長です。

なんと今回は2社とLPAJは調印をすることが出来ました。すごい実績です!

LPAJ代表理事の松室氏スピーチ日本優良品協会(LPAJ)松室哲生代表理事のスピーチです。

商品説明会日本優良品協会(LPAJ)森田健太郎監事による日本の商品説明会です。今回は青森県への旅行とりんご酢を中国側に紹介しました。

淘宝網(タオバオ)へ最終日、EコマースNo.1の淘宝網(タオバオ)へ訪問。非常に自由な環境で仕事をしている様子を見学致しました。

→ LPAJ事務局長のブログ中谷泰志の中国通販市場への道へ」にも詳細をアップしております。

2011年9月 4日

実績例1:濱野皮革工藝株式会社

2010年7月の青島中日韓通販サミットに出席した10社の内、3社が2011年時点で中国でビジネスを始めております。今回は、その1社、濱野皮革工藝株式会社をご紹介致します。


中国では偽物が多いため、テレビ通販番組で商品の紹介方法が日本とはかなり違うことが下記をご覧頂ければおわかりになると思います。


会社名濱野皮革工藝株式会社
創業1980年(明治13年)
事業内容ハンドバック 革製品の製造、卸、企画、販売

野皮革工藝株式会社濱野皮革工藝株式会社は130年の歴史を持つハンドバッグメーカーで、来日された故ダイアナ妃にもバックを献上した老舗の会社。


左の画像は濱野皮革工藝株式会社のホームページ。(http://www.hamanobag.com/)



青島中日韓通販サミットで発表する濱野皮革工藝2010年6月、濱野皮革工藝社が中国への販売を画策していた際、青島中日韓通販サミット事務局(現:日本優良品協会)から2010年7月8日~10日に開催される「青島中日韓通販サミット」の案内が届き、日本企業10社と共に参画


写真は青島中日韓通販サミットでハンドバッグを発表する時の濱野皮革工藝社。



淘网社との調印式の様子2010年12月16日~19日に開催された中国通販業界年次総会及び表彰式では淘网社(ハイタオ:http://www.haitao.com/)を通じてハンドバグ販売していく事が決定し調印式が実施。


写真は調印式が終わり、中国電子商会常務副会長の王寧氏、淘网社の社長との記念撮影。



TV放映の様子2011年3月、中国側から取材スタッフが実際に日本に来日し、濱野皮革工藝社のバックの紹介番組がなんと30分にわたり放映されました。


決して安価とは言えないハンドバッグだったため、どの程度売れるのかが全くの未知数でしたが、中国側の予想本数を遙かに上回る数が販売!


またこの通販テレビによって濱野皮革工藝社の認知度が一気にアップし、中国進出の足がかりとなりました。



■テレビ放送の様子

番組オープニング番組のオープニングです。大変盛り上がっております。


かなり大きなスタジオで撮影をしております。写真に写っている女性の司会以外に、ひな壇にはタレントの方々も多数おり、番組をもり立てています。



中国取材スタッフの来日取材のため濱野皮革工藝社の軽井沢工場まで淘网社(ハイタオ)社が来日。その様子も番組で紹介されております。


左から2人目の方は、濱野皮革工藝社で60年ハンドバッグを作り続けている職人の方です。



番組で紹介なんと中国のテレビ番組に軽井沢工場で働いている職人の方が出演!(写真左)


そして職人の方の右側に立っているのは当協会の理事(向蕾蕾)。向理事はテレビ番組で同時通訳を実施。


中国では偽物が多いため、商品をじっくりと時間を掛けて紹介しなければ売れません。濱野皮革工藝社のハンドバッグも30分にわたり放送。その結果、中国側の予想を遙かに上回る実績を残しました。



尚、この番組は、現在は下記から見ることができます。

http://bugu.cntv.cn/ent/C19289/classpage/video/20110305/100162.shtml

過去のWhats New

2011.05.19
通販新聞に日本優良品協会の記事が掲載されました。

2011.04.25
「2009-2010年版 中国通販業界発展白書(日本語版)」を出版致しました。

2010.12.20
「中国通販業界年次総会及び表彰式」の活動報告をアップしました。

2010.11.10
2010年12月16日~19日「中国通販業界年次総会及び表彰式」参加企業募集開始。

2010.11.09
ホームページを公開しました。

2010.10.28
LPAJ 日本優良品協会が設立されました。

2010.07.08
2010年7月8日~10日「青島中日韓通販サミット」に日本企業10社と共に参画。

2010.06.01
LPAJ前身の青島中日韓通販サミット事務局が設立。

代表理事からのご挨拶

社団法人日本優良品協会 代表理事 松室哲 中国電子商会から LPAJ松室代表への インタビュー!

一般社団法人日本優良品協会
代表理事 松室 哲生

現ブイネット・ジャパン 代表取締役社長
元ダイヤモンド社 代表取締役


『日本の高品質な優良品を中国13億人の皆さまにお届けしたい! 』


日本の製造業が創り出す、高品質で信頼性のある製品は、長く世界の市場で愛され使われてきました。この製品をこの数年急速な成長を見せる中国市場に広く、安全な形でお届けしようというのが当協会の目的であります。


この数年来、中国の成長とともに消費市場が大幅に膨張していることは既に皆様のご存じのところであります。13 億人といわれるその市場に十分に信頼性のおける商品が浸透しているかと問われれば、決して満足のいく状態ではありません。また、日本企業の皆様におかれましても、中国市場はまだどのような形でビジネスを進めていけばよいのか、その模索状態にあります。


私どもが中国信息(情報)産業部傘下である電子商会の要請により、また日本企業の中国という大きな市場により広く商機を求めたいというニーズを満たすために、安全で信頼性の高いその橋渡し役として当協会を設立した次第であります。


今、中国は消費の第2段階を迎え、いかに品質、安全性の高い商品をこの大きな市場に届けるかが急務となっております。そのため、日本の製品は大いなる期待を持って求められております。この発足の意味・意義を踏まえていただき、より多くの企業の方々にご参画いただきたいと、心より願っております。


2011年9月 2日

通販を内需拡大の1つに・・・|JADMAニュース(2011年9月1日号)掲載


通販を内需拡大の1つに位置づけた中国政府
~海外情報 ここに注目!中国の通販業界の動向~

2011年9月1日

2011年9月発行されたJADMAニュースに、一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)代表理事之松室のインタビュー記事が掲載されました。

通販を内需拡大の1つに位置づけた中国政府|JADMAニュース(2011年9月1日号)掲載

通販を内需拡大の1つに位置づけた中国政府

中国の通販市場が近年急拡大し、活発な動きを見せている。なかでも象徴的なのは、とても日本人が買わないような高級品まで販売しているという実態である。

中国の通販市場を統括している中国電子商会(CECC)通販工作委員会によると、中国テレビ通販最大手である上海東方CJ社は2010年4月に別荘の販売を開始し、その日1日で300元(約3750円:1元12.5円で換算)の別荘47軒の予約を獲得、金額は1.4億元に達したという。(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年8月30日

県産品の通販に関心|陸奥新報(2011年8月27日号)掲載


県産品の通販に関心
~中国業界関係者ら来県~

2011年8月27日

一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)が2011年8月26日に行なった、佐々木青森県副知事への表敬訪問について記事が掲載されました。

県産品の通販に関心|陸奥新報(2011年8月27日号)

県産品の通販に関心

中国の大手通信販売業界関係者による「中国電子商会通信販売工作委員会」の事務局長らが26日、県庁の佐々木郁夫副知事を表敬訪問し、県産品の取り扱いについて「良い商品であれば必ず流通できるようにする」と関心を寄せた。

中国電子商会は会員数が5000社以上に上がり、同協会の通信販売工作委員会にはテレビやネット、カタログといった通販社が所属。(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年8月28日

佐々木青森県副知事へ表敬訪問、ならびに企業訪問

日時 : 2011年8月26日(金) 13:00~13:30
場所 : 青森県庁

佐々木副知事へ表敬訪問青森県の佐々木副知事へ表敬訪問。佐々木副知事より青森県の特産品を中国で拡販して欲しいとの要望を頂きました。

中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝氏からは中国での通販事情を説明され、積極的に青森県の特産品を取り扱っていくように検討するとコメントを頂きました。

尚、この表敬訪問は翌日の地元の新聞(詳細)でも大きく取り上げられました。


佐々木副知事へ表敬訪問2佐々木青森県副知事より青森の特産品を進呈頂きました。


写真左から、「上海東方CJ 甘粛省支社 社長 雷豊豪氏」、「中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝氏」「佐々木青森県副知事」、「淘宝モール戦略合作&投資部総監 孫燕江氏」。




■カネショウ訪問
日時 : 2011年8月26日(金) 14:30~15:30
場所 : カネショウ

カネショウ訪問津軽の国産完熟りんご100%で作るりんご酢のカネショウ株式会社に訪問。通常のりんご酢の作り方と、カネショウ殿の作り方の差を櫛引社長より説明頂きました。

カネショウ訪問2カネショウ殿のりんご酢は、木樽でじっくりと長期熟成されたりんご酢です。りんご酢の試飲ではりんご酢に牛乳を入れて飲むとまさにヨーグルト味になったのは皆、非常に驚いておりました。




■JAアオレン訪問
日時 : 2011年8月26日(金) 16:00~17:00
場所 : JAアオレン(青森県農村工業農業協同組合連合会)
JAアオレン訪問りんごジュースを製造しているJAアオレンに訪問。通常のりんごジュースとJAアオレンのりんごジュースの飲み比べに挑戦。

JAアオレンの密閉ストレートで作られたりんごジュースが非常に濃厚な味で、中国側は上々の反応。タオバオで売られているりんごジュースの売価をその場で調べ始め、中国側での販売を検討されました。

JAアオレン訪問2その後、りんごジュースを製造している工場を視察。技術力だけでなく、衛生面への考慮(安全性)についても実際に見ることで理解ができました。




■弘前市観光局観光物産課プレゼン
日時 : 2011年8月26日(金) 18:30~19:00
場所 : いわき荘
弘前市からのPR弘前市の観光PRを弘前市職員の方々から説明を頂きました。


中国では観光旅行も通販で販売しており、また日本の桜が大変評判が高いため、通販番組で紹介しやすいと中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝氏からコメントがありました。


「中国電子商会、上海東方CJ、タオバオ、幹部来日講演!特別ビジネスセミナー」の活動報告へ

中国電子商会、上海東方CJ、タオバオ、幹部来日講演 活動報告

日時 : 2011年8月24日(水) 13:00~18:00 8月25日(木) 13:00~18:00
会場 : TKP大手町カンファレンスセンター
主催 : 一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)
協力 : ダイヤモンド社
共催 : 新社会システム総合研究所(SSK)


代表理事 松室哲生(社)日本優良品協会 代表理事 松室哲生氏によるご挨拶。今回のセミナー開催の主旨、中国に進出することの難しさ、現実について簡単な説明がありました。



中谷泰志氏(社)日本優良品協会 事務局長の中谷泰志氏による中国通販市場の説明と、本日講演を頂く方々の経歴を説明。

また中国に進出する際に避けられない商品検査について、中国進出のコンサルティングを行っている日本の会社が非常に高い費用を請求し、大きな問題になっている例も紹介。



彭李輝氏中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝氏による講演。「通販を通じて成功勝ち取りましょう」というテーマの元、
1.工作委員会紹介 2.中国通販業界の現状と未来 3.外国企業との提携案例 4.日本企業への提案

という内容で講演を頂きました。特に日本企業への提案では、具体的な中国への進出の仕方を説明頂きました。特に中国に進出し失敗してしまうリスクを低減する方法については多くの聴衆が真剣に聞き入っていました。



雷豊豪氏上海東方CJ 甘粛省支社 社長 雷豊豪氏による講演。講演内容は、
1.業界背景 2.企業概況 3.中長期発展計画 4.主要成果 5.核心競争力 6.最新商品比例 7.企業協力流れの紹介

上海東方CJへの企業協力の流れを知ることで、上海東方CJへの提携方法が紹介されました。



孫燕江氏淘宝モール戦略合作&投資部総監 孫燕江氏による講演。Confidentialな内容が多いため、資料も提供できない状況でしたが、多くの成功例が紹介されました。右側の女性は同時通訳を担当した当協会の理事。



古川智史氏SGS社中国地区業務経理日本業務部マネージャー 古川智史氏による講演。古川氏は中国での滞在も長く、日本語で講演を頂きました。内容は中国に商品を提供する場合に避けられない商品検査。実際の費用や試験項目の説明がありました。

多くの日本企業が商品検査を中国に申請しても連絡がこなかったり、非常に高い費用を請求されたりといったトラブルが相次いでいるため、実際の価格を聞いて皆、驚いていました。



「大変満足」と「満足」を足して出席者の95%以上にご満足頂きました。


■ セミナー全体

セミナー全体アンケート結果01

■ 中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝氏

セミナー全体アンケート結果02

■ 上海東方CJ 甘粛省支社 社長 雷豊豪氏

セミナー全体アンケート結果03

■ 淘宝モール戦略合作&投資部総監 孫燕江氏

セミナー全体アンケート結果04

■ SGS社中国地区業務経理日本業務部マネージャー 古川智史氏

セミナー全体アンケート結果05

セミナー修了後、佐々木青森県副知事へ表敬訪問を実施。その詳細については、「佐々木青森県副知事へ表敬訪問、ならびに企業訪問」の活動報告をご覧下さい。

2011年8月18日

中国通販向けセミナー|通販新聞(2011年8月18日号)掲載


中国通販向けセミナー
~タオバオや上海東方CJ幹部らが講演~

2011年8月18日

中国電子商会、上海東方CJ、タオバオの幹部が来日する特別ビジネスセミナーが2011年8月24日、25日 開催される告知記事が掲載されました。

中国通販向けセミナー|通販新聞(2011年8月18日号)掲載

中国通販向けセミナー

日本企業と中国通販市場の架け橋へ。一般社団法人日本優良品協会(LPAJ=事務局・東京都新宿区、中谷泰志事務局長)は8月24、25日の2日間、中国通販市場への進出を目指す企業を対象にセミナー開催する。(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年8月 4日

中国での通販事業セミナー、都内で|日本流通産業新聞(2011年8月4日号)掲載


中国での通販事業セミナー、都内で
~日本優良品協会~

2011年8月4日

中国電子商会、上海東方CJ、タオバオの幹部が来日する特別ビジネスセミナー(2011年8月24日、25日 開催予定)募集についての記事が掲載されました。

中国での通販事業セミナー、都内で|日本流通産業新聞(2011年8月4日号)掲載

中国での通販事業セミナー、都内で

(社)日本優良品協会(事務局東京都)は8月24日ー25日、中国での通販事業を検討している企業を対象に都内でビジネスセミナーを開催する。

講演を行うのは中国最大のテレビ通販会社、上海東証シージェイ甘粛省支社 社長の豊豪氏や、・・・(以降、略)



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年7月15日

中国市場開拓を支援|日刊工業新聞(2011年7月6日号)掲載


中国市場開拓を支援
~中国通販業界と日本製品をつなぐ窓口「日本優良品協会」~

2011年7月15日

一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)が、2011年7月15日に発行された日刊工業新聞に事務局長の中谷泰志が取材を受けた記事が掲載されました。

日刊工業新聞

通販にビジネスチャンス

中国の通販業界が高品質な日本製品を求めている。2010年秋には通販業界の指導機関である中国電子商会が日本のIT企業経営者らに要請し、中国通販業界と日本製品をつなぐ窓口「日本優良品協会」を日本に開設、11年から本格的な仲介活動を始めた。中国が日本製品を求める理由や日本企業のビジネスチャンスについて、同協会事務局長の中谷泰志氏に聞いた。(以降、略)


PDFダウンロード



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年5月19日

中日韓通販サミットを9月に開催|通販新聞(2011年5月19日号)掲載


中日韓通販サミットを9月に開催
~LPAJ~

2011年5月19日

2011年9月に開催予定の中日韓通販サミットに参加する日本企業の募集について記事が掲載されました。

中日韓通販サミットを9月に開催|通販新聞(2011年5月19日号)掲載

中日韓通販サミットを9月に開催

日本優良品協会(LPAJ=事務局・東京都新宿区、松室哲生代表理事)は9月8日~10日に中国の北京で開催される「中日韓通販サミットin北京」の日本参加企業を募集する。

どうサミットは中国政府直下機構「中国電子商会」の招聘により開催されるもの。(以降、略)



< 本件に関するお問い合わせ先 >
一般社団法人日本優良品協会/広報担当 :倉田
E-mail:info@lpaj.or.jp
(@はスパム防止のため全角にしております。実際には半角でお願い致します。)
【一般社団法人日本優良品協会】
中国信息(情報)産業部傘下である電子商会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とします。

■名  称:一般社団法人 日本優良品協会
■英文名称:Leading Products Association of Japan(略称:LPAJ)
■所在地:〒162-0812 東京都新宿区西五軒町6−10 神楽坂秋山ビル5F
■TEL&FAX:03-3235-1101(TEL) 03-3235-1005(FAX)
■ホームページURL:http://www.lpaj.or.jp/

2011年4月22日

第4回 中日韓通販サミットin南通(2011年9月20日~2011年9月23日)

2011年度
第4回 中日韓通販サミットin 南通&視察プログラム 参加のご案内

<視察企業:上海東方CJ本社、淘宝網本社>(2011年9月20日~23日)
- 終了致しました -

メリット
※ 貴社商品を中国の通販企業にプレゼンが出来ます。
※ 中国主要TV通販会社・ネット通販会社との商談会に参加ができます。
※ 親睦会で中国主要メンバーとの親交を深める事が出来ます。
※ 同時企画:上海東方cj(上海)、タオバオ本社(杭州)視察訪問

開催期日:2011年9月20日(木)~23日(土)
開催地:<サミット>中国・江蘇省・南通市 <視察>上海市、杭州市
中国側主催:中国情報産業部中国電子商会通販工作委員会
日本側主催:一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)


ごあいさつ
松室哲生一般社団法人日本優良品協会
代表理事 松室 哲生
現ブイネットジャパン 代表取締役社長
元ダイヤモンド社 代表取締役


年々、中国の通販利用人口は、中国政府の目標どおり拡大してきております。それに伴い中国政府も「質の高い流通」を目指し、通販業界全体が一体となって、その品質を高めてきております。

その背景には、この「中日韓通販サミット」の開催が大きく貢献していると言えましょう。
今年で4回目となる本サミットは日本代表も2度目の参加となります。昨年の参加企業団様の大きな貢献により、中国通販市場において、日本の優良商品を求める動きはさらに強まっており、サミット参加に大きな期待を寄せております。

また今回は、日本の参加企業の皆様には、特別に中国TV通販No.1の『上海東方CJ』と中国ネット通販No.1の『淘宝網』への企業訪問も実施いたします。ぜひ、皆様方のご参加をお待ちしております。
- 終了致しました -

■中日韓通販サミット概要
中国の通販事業の速やかで且つ健全な発展を促進するため、2008年より通販サミットを開催してまいりました。昨年より「中日韓通販サミット」として、3カ国協力のもと年々その規模は大きくなってきております。

サミットでは、中国の通販業界における現状と問題点、今後の課題や目標などが各代表企業の責任者より報告を行います。

そして、もう一つの大きな目的は、日本企業による商品プレゼンを中国全土から集まる通販企業(60社以上)の経営者やバイヤー責任者へ直接一斉に行うことです。
- 終了致しました -

■中国通販企業参加企業
TV通販企業、ネット通販企業、カタログ通販企業、第三社サービス企業など中国全土から通販関連企業が参加します。

▼参加TV通販会社(全36局が参加)
・上海东方电视购物有限公司(東方CJショッピング・チャンネル):中国TV 通販業界売上第1位
中国TV通販会社第1位の売上を誇る「上海東方CJ」社は、2003年に上海文広新聞 メディアグループと韓国CJ通信販売株式会社が共同投資して設立。上海・華東を 中心に全国の消費者に各種オンライン商品情報を提供。高額商品「BMW」や「別 荘」などがTV通販で売れたことでも有名。


・湖南快乐购物有限公司(湖南テレビ局 快楽購チャンネル):中国TV 通販業界売上第2位

・贵州家有购物集团有限公司(貴州テレビ局「家有購物チャンネル」):中国TV 通販業界売上第3位

など、すべてのTV通販会社が参加。


▼参加Eコマース会社
・淘宝網(タオバオ www.taobao.com):中国Eコマース業界 取扱高第1位(約5兆円)
中国ネット通販会社第1位の売上と圧倒的シェアを誇る「淘宝網(タオバオモー ル)」はアリババグループが2003年5月設立。グループ独自の決済システム「ア リペイ」を導入し、健全な取引を構築。C2C、B2Cの二大部門を有し世界一のイン ターネット通販企業を目指す。


・卓越网(中国アマゾン www.amazon.cn)

・麦考林(オンライン・ファッション1位 www.m18.com)

・红孩子(ベビー用品・家庭用品1位 www.redbaby.com.cn)

・走秀网(若者向けアパレル1位 www.xiu.com)

など売上上位の主要Eコマース会社が参加。


▼他、参加予定企業リスト
上海东方电视购物有限公司、中视电视购物有限公司、湖南快乐购物有限公司、贵州家有购物集团有限公司、北京优购文化发展有限公司、央广幸福购物(北京)有限公司、淘宝(中国)软件有限公司、红孩子(北京)信息技术有限公司、深圳走秀网络科技有限公司、上海麦考林信息科技有限公司、快乐淘宝文化传播有限公司、新蛋贸易(中国)有限公司、好享购物有限公司、北京BTV电视商品销售咨询中心、北京科文书业信息技术有限公司、卓越网、开联信息技术有限公司、上海联采商贸有限公司、青岛暖倍儿服饰有限公司、广东天天购物电视频道、陕西乐家电视购物有限责任公司、辽宁宜佳电视购物有限公司、沈阳北方电视购物有限公司、黑龙江放心电视购物传媒有限公司、江西风尚家庭购物有限公司、云南买乐电视购物传媒有限公司、黑龙江人民广播电台、南宁广电传播商务发展有限公司、天天家庭购物传媒(天津)有限公司、河南欢腾购物电视传媒有限公司、深圳宜和购物频道、山东乐拍商业有限公司、湖北广电美嘉商贸有限公司、武汉广通电视购物中心、三菱丽阳(上海)管理有限公司、上海德合进出口贸易有限公司、广州唯品会信息科技有限公司、深圳市康佳电器有公司、福州福星传媒有限责任公司、广联时代(北京)信息技术有限公司、北京锐意恒达科技有限公司、北京宝生亿丰文化发展有限公司、东方摩能国际科技发展(北京)有限公司、北京益生康健电子商务有限公司、佳视桦润(北京)广告有限公司、北京动点无限技术有限公司、北京品酒会贸易有限公司、北京日创电器有限公司、北京汇聚百川文化传播有限责任公司、北京永特三六五商务有限公司、便宜宝(北京)信息技术有限公司、上海丰富实业有限公司、上海禾健时代电子商务有限公司、上海嘉尔特贸易有限公司、广东泓生购百货有限责任公司、深圳铭店壹佰网络科技有限公司、陕西信邦电子商务有限公司、西安三花良治电器有限公司、福州中福商网络科技有限公司、温州艾尚创意贸易有限公司、杭州爱彼西商务配送有限公司、山东三业电子科技有限公司、上海汇佳实业有限公司、北京星辰急便速递有限公司 等
上記以外に中国政府関係者、通販業界関係者、流通業界関係者、メディア関係者、金融機関関係者などが加わり、総勢150名以上が参加いたします。


- 終了致しました -

■スケジュール
スケジュール概要(予定)
※内容が一部変更になることがございます。事前にご了承ください。


20日(火)
9:50発
ANA NH919便「成田」発→11:55「上海(浦東)」着
※出発時間の2時間前までに空港へ集合となります。
上海浦東空港到着後、上海東方CJへ移動
14:30~16:30上海東方CJ(中国NO.1テレビ通販企業)視察訪問
南通市へ移動
19:00~歓迎会(夕食) 南通市・文峰飯店
南通市(泊)


21日(水)
8:30~17:00
第四回中日韓通販サミット開催 (文峰飯店)
8:30− 9:00受付
9:00-- 9:30国家工業・情報部代表挨拶
国家放送・TV・映画総局代表挨拶
中国電子商会代表挨拶
9:30-- 9:50日本通販協会(JADMA)代表講演
9:50--10:10韓国通販協会代表講演
10:10--10:40EC企業代表(2名)講演
10:40--11:10TVショッピング企業代表(2名)講演
11:10--11:40携帯ショッピング企業代表(2名)講演
11:40--12:00その他の企業代表(2名)講演
11:40--12:00~昼食休憩~
14:30~17:00日本企業のプレゼンテーション会 ※限定5社
19:00~21:30晩餐会(夕食)
南通市(泊)

22日(木)
9:30
ホテルチェックアウト後、南通市出発→上海
11:30~13:00上海市ホテルチェックイン、昼食
13:00杭州・淘宝(TAOBAO)へ移動
15:00~17:30淘宝(中国No.1 EC企業)訪問
17:30上海市へ移動
20:30~日本チーム団Farewellパーティー(夕食)
上海市(泊)

23日(金)
10:30
ホテル出発
13:10発ANA NH920便「浦東」発→17:00「成田」着
17:00通関後解散


■プレゼン実施要領(概要) 【重要】
サミット当日(22日)午後は、日本企業による中国通販企業向けの商品プレゼンが実施されます。昨年の参加企業では、このプレゼンにより中国通販市場への販売を開始された企業も複数あり、実績を上げています。

中国通販企業のオーナーやバイヤーは、このプレゼンに大きな期待を持っています!
・プレゼンが実施できる企業枠は、限られています。 【限定:5社】
・プレゼン参加希望が多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。
 ※お申し込み時にプレゼン希望の有無をお聞かせください。
・事前にプレゼン資料(中国語版と日本語版)と『商品カード(LPAJ指定フォーマット、中国版&日本語版)』をご提出いただきます。
・プレゼン当日、各企業は25分<交代時間:5分、通訳が入りますので実質約15分>の持ち時間で、自社商品のプレゼンを実施。
 ※交代時間中に資料配布・サンプリングを行っていただきます。
・プレゼン時に、参加中国通販企業・ネット通販企業からの、各プレゼン企業ごとのアンケートを実施いたします。

- 終了致しました -

■サミット&企業訪問 参加募集企業枠数
・対象企業: 中国通販会社へ商品提供が可能な企業(主にメーカー)
・募集枠: 限定10名+追加枠10名=計20名(※1社2名迄)
・申込期限: 2011年9月9日(金)まで
※追加枠応募の方は考慮します。

■費用につきまして
・サミット、視察プログラム費: 10万円(1名様)
※9月20日:上海東方CJ視察費、サミット歓迎会、21日:サミット参加費、昼食、サミット懇親会、22日:淘宝(TAOBAO)視察費が含まれます。

※お申し込み後の取り消しは、取消料として5万円を承ります。

・旅行代金: 14万9千円(1名様) 旅行企画・実施:株式会社JTB法人東京
※前回までは、往復飛行機・ホテル宿泊費用・その他交通費は各自実費でのご負担でしたが、今回よりJTB協力により、格安の旅費設定が可能となりました。是非、ご利用ください。詳細は別途、JTBのパンフレットをお渡し致します。

※燃料チャージ、空港使用税など(約13,810円/2011年8月1日現在目安)が、別途かかります。

・費用お振込期限 : 9月12日(月)まで
※追加枠応募の方は考慮します。

- 終了致しました -

■前回サミット風景

前回サミット風景

- 終了致しました -

■アクセス
アクセス

- 終了致しました -

2011年4月10日

2009-2010年版 中国通販業界発展白書(日本語版)

中国通販業界発展白書(2009 〜2010)2009-2010年版 中国通販業界発展白書(日本語版)

発行日:2011年4月25日
定   価:30,000円+税 ISBN978-4-87045-242-8
発売元:有峰書店新社
発行元:一般社団法人日本優良品協会
内   容:本白書には付録として、地域別 テレビ・ショッピング会社、インターネット通販会社分布、中国全土地図と各省・都市別人口構成が付いております。この情報だけでも31,500円の価値はあると定評を頂いております。
→ 販売終了! 最新号のページはコチラ!
サンプルページ1
白書は図や表が沢山入っており大変読みやすくなっております。

サンプルページ2
中国電子商会通信販売(テレビ・インターネット・カタログ)工作委員会のメンバーが実名で記載されています。誰がキーマンであるかが一目瞭然です。中国では人と人のつながりを大切にする国。この情報は大変貴重です。

サンプルページ3
付録に付いている中国全土地図と各省・都市別人口構成図。この情報も今までほとんど公開されていなかった貴重なデータです。

→ 販売終了! 最新号のページはコチラ!
【目次】
はじめに
日本語版刊行に際して
研究方法の概要
通信販売業界の定義
    1. インターネット・ショッピングの定義
    2. テレビ・ショッピングの定義
    3. カタログ販売の定義
第1章 小売販売業界の環境
    1. 世界経済の情勢
    2. 国内経済の情勢 
第2章 小売販売業界の発展について
    1.  世界の発展状況から推測される、中国通信販売の発展余地
    2. 中国通信販売業界は2009 年においても急速な成長の勢いを維持
第3章 インターネット・ショッピングの中国での発展
    1. 2009 年の年末までに、中国ネットユーザーは4 億人になり、インターネット・ショッピング市場規模は2537 億元になる
    2.  B2C サイトの発展の速さ
第4章 テレビ・ショッピングの中国での発展状況
第5章 カタログ販売の中国での発展
第6章 今、中国通信販売の発展において存在する主な問題
    1.  信用問題と通信販売業界
    2.  より正確に販売する 
    3.  生活家庭用品の企業経営は、製品管理における挑戦が必要
    4.  販売ルート融合の経営手法
第7章 2010 年の決定的な交差点
    1. 経済の回復は、発展環境を提供
    2. 通信業界に関する政府の政策がもたらしたチャンス
    3. ルートの融合は発展の方向にあり、3G(第三世代移動通信システム)がさらに新しい発展の機会を提供する
<補遺> 国家が新たに公表した法律・法規
   『 テレビ・ショッピング・チャンネル設立と管理についての声明』
   (2009 年12 月10 日ラジオ・テレビ総局発表)
    1. 重要性と必要性
    2. 全体的要求と基本的原則
    3. 主な政策と措置
    4. 管理についての規定
     『 テレビ・ショッピング短時間広告とショップ専門チャンネル番組管理強化に関する通達』( ラジオ・テレビ総局発表)
<付録> 中国・主要テレビ・ショッピング会社/インターネット通販会社概要
    1. テレビ・ショッピング会社  9 社
    2. 省ネット、中央直轄都市ネット 15 社
    3. 省級の市ネット 6 社
    4. 国家ラジオテレビ総局免許申請中  6 社
    5. インターネット通販会社 30 社
中国電子商会通信販売(テレビ・インターネット・カタログ)工作委員会名簿
一般社団法人 日本優良品協会について
   設立主旨 / 運営理念 / 事業内容 / 法人概要
<巻末付録> 地域別 テレビ・ショッピング会社、インターネット通販会社分布
        中国全土地図と各省・都市別人口構成
→ 販売終了! 最新号のページはコチラ!

【プレスリリース】
「中国通販業界白書」日本語版が日本初上陸
伸び続ける中国の通販市場の実態と業界地図が、この一冊にすべて網羅!
中国政府・中国信息(情報)産業傘下の中国電子商会発行

急成長する中国通販市場の「今」が分かる白書を日本語に訳して発刊します。

この度、一般社団法人日本優良品協会(LPAJ:代表理事 松室哲生)は、中国政府・中国信息(情報)産業部傘下である中国電子商会より「中国通販業界発展白書」の日本語版の販売に関する権利を取得し、このたび「2009-2010年版 中国通販業界発展白書」(日本語版)として発刊することになりました。

急激な経済成長を見せる中国市場は、今後ますますその発展の度合いを高めようとしています。

通販業界において、急成長を見せるインターネット・ショッピングをはじめ、テレビやカタログなどの普及率の推移、今後への期待数値などのデータを集約。

さらに中国政府が近年に発表した通達から、中国全土に広がるTVショッッピング会社、イーコマース会社などの企業分布図まで、中国通販業界における情報が網羅されており、中国市場への参入を希望される企業様には必見の白書となっております。

今まで明らかにされていない、また分かりづらい中国事情をこの白書により理解いただけるものと思います。

中国電子商会とLPAJの提携により実現し、さらに日本企業の中国市場参入を身近なものにできる一冊です。


→ 販売終了! 最新号のページはコチラ!


中国通販業界発展白書(2009 〜2010)2009-2010年版 中国通販業界発展白書(日本語版)

発行日:2011年4月25日
定   価:30,000円+税 ISBN978-4-87045-242-8
発売元:有峰書店新社
発行元:一般社団法人日本優良品協会
内   容:本白書には付録として、地域別 テレビ・ショッピング会社、インターネット通販会社分布、中国全土地図と各省・都市別人口構成が付いております。この情報だけでも31,500円の価値はあると定評を頂いております。

→ 販売終了! 最新号のページはコチラ!

2011年3月29日

中国電子商会、上海東方CJ、タオバオ、幹部来日講演!特別ビジネスセミナー

中国電子商会、上海東方CJ、淘宝網(タオバオ)、幹部来日講演!

中国情報産業部(政府機関)の傘下であり、中国通販(TV通販、Eコマース、カタログ)業界を監視管轄している「中国電子商会」、中国No1の売上を誇るTV通販会社「上海東方CJ」、同中国No1のEコマース会社「淘宝網(タオバオ)」、各幹部が直接日本のメーカーに対しラブコールを送るため、来日講演を開催。

これまで中国進出に対し慎重に静観してきた企業、チャレンジしてみたものの成果なく撤退を余儀なくされた企業の皆様にとって必見!

健全な取引で国内通販市場を10倍に伸ばすミッションを受けた中国電子商会とその意を受けて昨年設立したLPAJが構築する安心な販売網。これを機会に、貴社の優良な商品を広大な13億人市場へ送り出すことを考えてみませんか?

- 終了致しました -
日時2011年8月24日(水) 13:00~18:00(定員50名)
8月25日(木) 13:00~18:00(定員50名)
受付開始12:30(両日とも)
会場TKP大手町カンファレンスセンター(地図裏面)
主催一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)
協力ダイヤモンド社
共催新社会システム総合研究所(SSK)
受講料お一人様 39,900円(内訳:38,000円+税1,900円)
※特典:総額43,500円プレゼント!
「2010中国通販白書(31,500円)」と「ハーバードビジネスレビュー半年分(12,000円)」付!
2010中国通販白書(31,500円)ハーバードビジネスレビュー
※現在、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューを定期購読中の方は、週刊ダイヤモンドをプレゼントいたします。
※ハーバードビジネスレビューの画像は2011年8月号で、サンプルです。

- 終了致しました -

【プログラム】

※中国人講師の講演は、日本語通訳が入ります。

13:00-13:20あいさつ(LPAJ代表理事:松室、理事:中谷)
13:20-14:20「中国通販市場を10倍成長させるための日本とのパイプ作り」
【講師】中国電子商会通販工作委員会 秘書長 彭李輝
14:20-15:20「中国TV通販市場と上海東方CJが求める日本商品」
【講師】上海東方CJ 甘粛省支社 社長 雷豊豪
15:20-15:40休憩
15:40-17:10「中国Eコマース市場と淘宝網が求める日本商品」
【講師】淘宝モール戦略合作&投資部総監 孫燕江
17:10-17:40 「中国市場で販売を実現するための商品検査プロセスの理解」
【講師】SGS-CSTC(世界最大の認証・検査・分析機関)
中国地区業務経理 日本業務部
マネージャー 古川智史
17:40-18:00質疑応答、名刺交換

- 終了致しました -

【講師紹介】

・彭李輝氏

彭李輝氏

中国電子商会通販工作委員会 秘書長
武漢食品工業学院卒、ウクライナ国立科技大学卒、ドイツRostock大学卒
中国認証認可監督管理委員会卒。


2003年5月~2005年6月中国電子商務協会国際電子商取引プロジェクトチームチームリーダー
2005年7月~中国電子商会通販工作委員会秘書長、商務部国際ブランド委員会委員、中国電子商会電子貿易教育管理オフィス主任

■中国電子商会通販工作委員会秘書長任務
1.委員会の常設役職として、中日韓通信販売サミットや中国通信販売業界年次総会などの
イベントや会議の開催及び司会
2.事務機構の日常業務や年度計画の実施
3.毎年度の通販業界調査を行い「中国通販業界白書」の出版の指導
4.通販工作委員会を代表して主要文書の調印
5.各関連機関、友好協会(LPAJ含む)及び主要会員企業間のコーディネート及び業務展開
6.副会長、副秘書長及び他の各事務機構の責任者
  候補の指名
7.他の重要事項を決定


・雷豊豪氏

雷豊豪氏

中国電子商会通販工作委員会 副秘書長
上海東方CJ 甘粛省支社 社長


1996年~2000年中国通宝商業管理有限公司(中国通宝テレビショッピングネット)取締役執行副総裁、山東通宝テレビショッピング有限公司 副董事長、重慶通宝テレビショッピング有限公司 副董事長
2000年~2003年上海錦麗斯伝播有限公司 総経理
2004年~2011年上海東方CJ商務有限公司市場部マネージャ、対外連絡部部長、大型イベント部部長
2011年~甘粛東方購物有限公司総経理

・孫燕江氏

孫燕江氏

淘宝モール戦略合作&投資部総監
フランス ESC Grenoble 高等商学院 MBA


2004年ヤフー中国入社、検索、メールボックス、IM等の製品の戦略的な協力と宣伝を担当
2006年アリババグループ入社、グループ(アリババ、タオバオ、支付宝を含む)の電子商取引に関する戦略協力を担当
2008年タオバオ入社、戦略協力部総監

・古川智史氏

古川智史氏

SGS社中国地区業務経理日本業務部マネージャー 


2005年北京理工大学漢語課課程修了、同年SGSに入社、上海本部に在籍

【SGSグループについて】
1878年に設立され1世紀以上の歴史を持つ世界最大の認証・検査・分析機関。公認の品質と信頼のグローバル・スタンダード、現在世界百数十カ国に1,000ヶ所以上の事業所と実験室、60,000人を超える従業員を有し、グローバルなサービスを提供。
【SGS-CSTC(SGSチャイナ)について】
1991年にSGSスイス本部と前国家質量技術監督局に属する中国標準技術開発公司との合資による検査・分析・認証機関として設立。
現在中国全土にて40ヶ所以上の事業所、50ヶ所以上の実験室、10,000人以上の従業員を有し独立・公正・専門・向上の精神を基に国内外のお客様と政府・国際機関に対しサービスを提供



【お申し込みについて】

下記申込み欄に必要事項をご記入の上, お申し込みください。後日、受講券と請求書をお送りいたします。

※お申し込みは先着順となります。定員となり次第、締切りとさせていただきます。


必要事項を記入の上、お申し込みください。
入力いただいたメールアドレスへご連絡をさせていただきます。

*は入力必須項目です。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

参加希望日 8月24日(水)  8月25日(木)  *必須
受講者名 *必須
受講者名フリガナ *必須
お申し込み主体 個人  法人  *必須
e-mail *必須
TEL *必須
会社名 ※正式名称をご記入ください
会社名フリガナ ※正式名称をご記入ください
部署・役職名
会社所在地
もしくは
自宅住所
(請求書ご送付先)
半角数字のみでご記入ください。("-"は入力しないで下さい。)
*必須
TEL:
FAX:
セミナーのことを
どこで知りましたか?
ダイヤモンド社  日本優良品協会(LPAJ)  通販新聞 
新社会システム研究所  おもろい会社研究所  デジタルワン 
グリーンツリー  他  *必須
上記で他の場合を選ばれた場合:
希望 LPAJもしくはダイヤモンド社からの郵送物・e-mailを希望します。 
(希望する場合はチェックを入れてください)
備考欄

※セミナーの録音・撮影、講義中の携帯電話やパソコンのご使用などはご遠慮ください。また会場内は禁煙ですのでご協力をお願いします。
※日時・講師・テーマ・内容・受講料などは、事情によりやむを得ず事前の告知なしに変更させていただく場合がございます。
※受講料はお申し込み後、1週間以内にお振込みください。お振込み以降のキャンセルは出来ませんので、ご了承ください。また、お振込み後のキャンセルと当日ご欠席の場合は、後日、特典をお申し込み時記載ご住所にお送りさせていただきます。尚、受講料の返金はございません。
※主催者、講師等の諸般の事情により開催中止させていただく場合があります。その場合は、お申し込み時のメールアドレスにご連絡させていただきます。
※下記にご記入いただいた情報に不明な箇所があった場合、確認のためにeメール・電話等での連絡をさせていただくことがございます。ご記入いただいた個人を特定できる情報につきましては、以下の通りとさせていただきます。それ以外の外部への開示は一切致しません。
(1)お申し込みいただいたセミナーの運営、それに必要な連絡及び資料等の送付
(2)講座開発・サービス向上のための統計データとして
(3)一般社団法人日本優良品協会・ダイヤモンド社からの各種情報のご案内
 尚、(3)に関してましてのご希望の場合は一番下の「郵送やeメールでのご案内」の欄をチェックしてお送りください。



【会場案内】

中国電子商会、上海東方CJ、淘宝網(タオバオ)、幹部来日講演!会場案内

会場:TKP大手町カンファレンスセンター
※アクセス
東京メトロ千代田線・東西線・半蔵門線・丸ノ内線・都営地下鉄三田線『大手町駅』(C10出口)徒歩1分
JR『東京駅』(丸の内北口)徒歩10分
※内堀通り側に入口がございます。
※事務所直通 TEL:03-5218-0090


- 終了致しました -

【お問い合わせ先】

一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)

TEL:03-3230-4147
FAX:03-3230-4148
(平日10:00~19:00)
E-mail:info@lpaj.or.jp

2010-2011年版 中国通販業界発展白書 銀行振込申し込みページ

2010-2011年版 中国通販業界発展白書(日本語版)の銀行振込申し込みページです。下記の情報に入力頂きましたら、お振り込み先等の情報をメールにてご連絡させて頂きます。
領収書をご入用の場合、中国通販業界発展白書と一緒に同封させていただきますので、下記項目の「領収書」欄の「要」をお選びください。尚、領収書の宛名は下記、「貴社名」になりますが、他の宛名が良い場合には、「その他ご意見をお寄せください。」に領収書の宛名を記載ください。

*は入力必須項目です。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

会社名 *必須
例)日本優良品株式会社(全角)
フリガナ(会社名) *必須
例)ニホンユウリョウヒンカブシキガイシャ(全角)
郵便番号 *必須
例)102-0083 (半角数字)
ご住所 ●都道府県
*必須 例)東京都
●市区郡
*必須 例)千代田区
●町名・番地
*必須 例)麹町四丁目3番29号
●ビル・マンション名
例)神楽坂秋山ビル5F
フリガナ(ご住所) *必須
例)トウキョウトチヨダクコウジマチ4-3-29パシフィックシティコウジマチ6F(全角)
お電話番号 *必須 例)03-3230-4147(半角英数字)
FAX番号 *必須 例)03-3230-4148(半角英数字)
部署名 例)総務部(全角)
役職 例)課長(全角)
ご担当者様氏名  名 *必須
例)山田 太郎(全角)
フリガナ  名 *必須
例)ヤマダ タロウ(全角)
携帯電話番号 例)090-1234-5678(半角英数字)
メールアドレス *必須 例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須
お申し込み部数 *必須 例)3(半角英数字)
送付先 送付先は上記と同じ  送付先が異なる  *必須
送付先が異なる場合



様(御中) 宛
取扱商品
中国通販への販売希望希望する  希望しない  *必須
中国市場での販売実績有り  無し  *必須
今後の弊社からの情報や各種ご案内希望する  希望しない  *必須
領収書要  不要  *必須
その他ご意見をお寄せください。

アンケート内容

1.白書のことをどこで知りましたか?
LPAJからのメルマガ  ダイヤモンド社からのメルマガ  SGS社からのメルマガ 
その他のメルマガ   メルマガ名:
新聞・雑誌   新聞・雑誌名:
検索エンジン   検索エンジン名:
ホームページ  ホームページ名:
その他  その他:
2.白書の購入目的は?
3.中国市場への販売活動
既に販売している  準備中  検討中  特に予定なし 
『既に販売している』項目にチェックを入れた場合の販売媒体:
4.業種
5.取扱商品または中国への販売希望商品


2010年 « トップへ » 2012年


お問い合わせフォームへ