2009年3月 « トップへ » 2010年11月

2010年4月26日

設立指針

設立指針中国信息(情報)産業部傘下である中国情報産業部中国電子商会通販工作委員会との提携により、通信販売手段による日本商品の中国国内流通スキームを構築し、日本企業の中国進出を橋渡しすることを目的とします。

また、中国商品の日本国内への流通橋渡しも同様とし、日本ならびに中国の更なる繁栄に貢献致します。

運営理念

一.日本企業の中国市場における通信販売(以下、通販)を促進するために日本と中国の協会が一体感を持って運営するバイラテラルな関係性を有する団体であること。


一.中国市場に自社商品を通販によって流通させたい日本のメーカーを中国の通販企業につなぎ、一方、日本において同様の希望を持つ中国企業の橋渡しをすることを目的とする。


一.自社流通ルート、製造ルートを持つ大企業を主な対象にするのではなく、中堅・中小であっても良い商品(優良品)を作っている企業を中心に、主に各種斡旋事業を行なう。


一.当面中国サイドは中国電子商会が指名する組織(会社・団体等)が事務局機能を有する。

ご提供サービス

我々、一般社団法人日本優良品協会(LPAJ)は、中国国家機関である「中国電子商会」と提携し、日本の企業が、中国通販チャネル(TV通販やEコマース)を通じて、自社商品を「安心・安全」に中国13億人市場へ流通販売させるための「安心・安全」なプラットフォームのご提供を行います。


また、流通販売のための具体的な各種業務ご支援(※詳細は以下)を行います。全体イメージは、以下の通りです。


スキーム

■ サポート事業 (原則、会員方式)

日本企業が、現地に進出するための業務支援を行います。

 1.コンサルティング
 2.交渉業務支援(翻訳・通訳)
 3.貿易・商標登録業務等支援
 4.物流支援
 5.通販番組制作支援


■ 教育啓蒙事業(原則、会員方式)

会員の皆様を対象に、中国電子商会との提携で得られる中国通販業界の貴重な情報の提供などを行います。


また、中国電子商会を経由して、中国通販業界に詳しい中国人トップ層のセミナーの開催を行います。


勿論、毎年開催される「中日韓通販サミット(7月開催)」や「年次総会&表彰式(12月開催)」への参加と同時に行われる商談会への参加に加え、各企業との個別商談のセッティングなどもお受けできます。

 6.教育・セミナー
 7.情報提供
 8.イベント(通販サミット等)参加支援
 9.現地ツアー(商談会など)


■ 斡旋支援事業(原則、会員方式。成果報酬型)

LPAJ会員の各企業は、LAPJに販売したい商品の登録を行っていただくことにより、随時、中国TV通販各社やEコマース各社へその情報を提供し、具体的な商談に導くことを促進いたします。


2009年3月 « トップへ » 2010年11月


お問い合わせフォームへ